メインコンテンツに移動
Matterport and Autodesk logos

Matterport BIMファイルとRevit®プラグインでワークフローを自動化

Matterport BIMファイルで、あらゆる空間の正確な3D竣工データを作成できます。BIMを活用すれば、建築家やデザイナー、建築技師は、あらゆる建築物の現状をこれまで以上にスピーディ、手軽かつコスト効率よく反映できるようになります。Matterport BIMファイルに加え、Autodesk® Revitと直接連携するワークフロー自動化プラグインであるMatterport Revitプラグインも提供しています。

仕組み

Matterport BIMファイルはMatterportアカウントで利用可能なアドオンで、空間のキャプチャをBIM(.RVT)やCAD(.DWG)ファイルに変換することができます。Matterport RevitプラグインはAutodesk App Storeでの入手後Autodesk Revit内ですぐに利用でき、Matterportアカウントから直接BIMファイルのインポートが可能です。

数週間ではなく、数日でBIMを提供

Matterport BIMファイルのアドオンを活用すれば、従来の現地調査や竣工図書にかかっていたコストの数分の一でBIMファイルを生成でき、チームが現場調査の記録に追われることなく、より多くの案件の獲得に注力できます。

Abstract 3D model of building

BIMファイルや点群(MatterPak XYZやE57ファイル)を直接インポート可能

Matterport RevitプラグインでBIMファイルをRevitに直接インポートでき、新しいBIM戦略の立案や既存のワークフローへのBIM採用のプロセスがスムーズになります。

アクセスと有効化

Screenshot of BIM file add-on

Matterport BIMファイルの購入

Matterport BIMファイルはMatterport空間の「アドオン」セクションから利用できます。アカウント管理者や編集権限を持つコラボレーターが注文を行い、アカウント全体で利用することができます。

Matterport BIMファイルは、最大50,000平方フィート(4,645m²)の空間に対応しています。対応可能総面積は今後拡大の予定です。 

詳しく見る

Autodesk Revitプラグインの有効化と使用

  1. Autodesk App StoreからMatterportプラグインをダウンロードします。
  2. Autodesk Revit™からMatterportプラグインを使ってMatterportアカウントに接続します。
  3. Matterport BIM Fileアドオンのアセットを以下の手順でRevitにインポートします。
    1. お使いのアカウントの利用可能な空間から空間を見つけます。
    2. 空間を選択するとアセットがRevitにインポートされます。
  4. Matterportの点群(MatterPakまたはE57のXYZ)を以下の手順でダウンロードし、RecapでクリーンアップしてRevit互換フォーマット(RCS/RCP)に変換します。
    1. 空間を選択すると、対応する点群がRecap SDKにダウンロードされます。
    2. 変換はSDK内で行われます。
    3. 変換したファイルをRevitに読み込みます。

詳しく見る

Autodesk Revit plugin demo
建築、エンジニアリング、建設のための3D
コスト削減と時短に役立つMatterportの詳細をご覧ください。

質問はございますか?

ご不明な点や、Matterport空間でツールを使用する際にサポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。