メインコンテンツに移動

3DApartment、Matterportでの標準化で全国展開を加速

初のVR専用型アパート検索プラットフォームではMatterport Capture Servicesを採用。企業による物件の大規模なデジタル化を実現し、パーソナライズしたバーチャルステージングを顧客向けに導入する計画を発表

3DApartmentの詳細はこちら

カリフォルニア州サニーベール/ニューヨーク州ブルックリン 建造環境のデジタルトランスフォーメーションを推進する先進的な空間データ企業、Matterport Inc.は本日、すべてのアパートを3Dでバーチャル見学できる初の検索プラットフォーム、3DApartmentがMatterportに標準装備されることを発表しました。このプラットフォームでは、ニューヨーク、ボストン、マイアミの15,000件以上の不動産物件リストを対象に高精度な寸法のデジタルツインと没入型3Dツアーを作成できます。今後、テナントや買手はいつでもどのデバイスからでもアパートをバーチャルで探すことができます。さらに、3DApartmentにはMatterportのSDKを使った業界初のバーチャルステージングオプションが付属します。空間を家具で自分好みに飾ってみて、気に入ったら購入することもできます。

今回の提携により、3DApartmentは北米全域での事業拡大を加速し、月当たり数千の顧客にサービスを提供するまでに規模を拡大する見通しです。今週初めに発表されたオンラインサービスプラットフォーム、法人向けMatterport Capture Services™の活用により、3DApartmentは、全国規模で技術者のスケジュールを設定し、数千戸のアパートメントを手軽かつ迅速、高い費用効率でデジタル化できるMatterportの自動3Dキャプチャを利用できるようになります。Matterport Capture テクニシャンは最高レベルの精度、品質と速度で物件をデジタル化するためのトレーニングを受けており、北米と世界全域を対象に一瞬でサービス日程を予約することが可能です。 

Matterportのデジタルツインをシームレスに3DApartment.comへ追加すると、実物さながらの物件一覧が完成します。家主、デベロッパーや所有者は、Matterportの業界屈指の3Dツアーを使用して保有物件の内覧を年中無休で提供することができます。購入や賃貸の希望者は、圧巻の4K HDR映像内で物件内部をバーチャルに歩き回ることができ、部屋、壁、天井高など、空間内のあらゆる対象物を正確にデジタル測定することも可能です。必要に応じて何回でも内覧して、友人や家族と共有したり、家具やアート作品などの所持品をデジタルツイン内に配置して概観や周囲との調和具合を確認したりできます。

3D Apartments 1


Matterportのオールインワン3Dプラットフォームと3DApartmentの没入型掲載物件体験を組み合わせることで、インターネット上で最も魅力的な物件ポータルの1つが誕生しました。Matterportは、エンゲージメントを300%以上稼働率を14%以上上昇させました。また、昨年委託した調査によると、3Dツアー付きの掲載物件の売上は最大9%上昇し、商談成立に至る時間は最大31%短縮しました。そのうちの90%がMatterport 3Dツアーを利用したものです。

3DApartmentはMatterportのSDKを利用することで、入居者が家具オプションを使ってスペースをカスタマイズできる独自のバーチャルステージング機能を開発しました。Matterportのデジタルツインは寸法が正確なので、訪問者は選択した家具がそれぞれのスペースに収まることを購入前に必ず確認できます。Matterportの空間データを利用しているバーチャルステージング機能が加わったことで、閲覧者はそれぞれの体験の中で家具を選択、可視化し、購入することもできるようになりました。

staging


「Matterportとの提携で競争上の強みを得ることができます。当社の入居希望者の多くは対面式の見学会に参加するよりもデジタルツインを見学・再見学する方を好むので、家主、不動産管理会社、不動産開発業者もバーチャルファーストの賃貸体験を新たに見出しています」と3DApartmentの創業者兼CEOのGregory Ardbelava氏は言います。「Matterport 3Dツアーを提供すると、買手と賃借人の関心度が高まることが実証されています。そこで、バーチャルステージングオプションを追加することで、本格的なエンドツーエンドの家探し体験が実現します。デジタルに慣れ親しんだモバイルファーストのZ世代の消費者は購買力を急速に高めているため、このような方法が必須となるでしょう。当社のソリューションは、空間データ、実際の有形資産、AR/VRが今日の世界でどのように共存できるのかを示しています」


「私達のパートナーシップを通じて、3DApartmentは革新的な業界初の製品でアパートの賃貸と購入の新たな道を少しずつ切り開いています。卓越した顧客体験の実現への取り組みを原動力にして、物件をまったく新しい方法で紹介するだけでなく、家具・インテリア業界に新しい息吹を吹き込むために、Matterportデジタルツインと3Dツアーの潜在力をフルに活用しています」とMatterport南北アメリカ担当副社長、TJ Paterickは言います。Matterport Capture Servicesを使って、便利で迅速、コスト効率に優れた方法で数百もの新市場に参入する3DApartmentの力をサポートし、当社のSDKを通じて、ショッピング可能な独自のバーチャルステージング機能を実現することにワクワクしています」

3DApartmentについて

将来、あらゆる物件がデジタル管理されることになると予想されるなか、3DApartmentは4年前にすべての掲載物件が仮想化・一元化されるプラットフォームの開発ミッションに乗り出しました。同社が目指したのは、利用者に「バーチャルなアパート探しの旅」にログインして、できるだけ多くのアパートを体験してもらうことです。この仕組みの方が効率的かつ簡単で、時間を大幅に節約しながら顧客基盤を拡大できるためです。昨年、3DApartment.comは1万件の物件をキャプチャし、100万回の閲覧回数と300万のインプレッションを獲得しました。詳しくは、3DApartment.comをご覧ください。

Matterportについて
Matterport, Inc.は、建造環境のデジタルトランスフォーメーションを牽引する企業です。画期的な空間コンピューティングプラットフォームで建築物をデータに変換することで、あらゆる空間(物件)の価値と利便性を高めています。150か国以上の数百万もの建物を没入型のMatterportデジタルツインに変換して、プランニング、建設、運用からドキュメンテーション、評価、マーケティングに至るまで、建物のライフサイクルのあらゆる部分を向上させてきました。詳細については、matterport.comにアクセスして、デジタルツインのギャラリーをご覧ください。

2021年2月、MatterportはGores Holdings VI(NASDAQ: GHVI、GHVIU、GHVIW), との企業合併の成約を発表しました。Gores Holdings VIはThe Gores Group, LLC, の関連会社が後援する特別買収目的会社であることから、Matterportは上場企業になります。企業結合案の成立を受け、社名は“Matterport, Inc.”となり、“MTTR”のティッカーシンボルでNASDAQに上場する予定です。

@2021 All rights reserved.MatterportはMatterport, Inc.の登録商標であり、Matterport Capture ServicesはMatterport, Inc.の商標です。その他のすべてのマークはそれぞれの所有者に帰属します。

Matterportのメディア向け窓口:
Naomi Little
グローバル・コミュニケーション・マネージャー
press@matterport.com 
+44 203 874 6664

将来の見通しに関する記述

本ドキュメントには、米国連邦証券法の意義の範囲内でGores Holdings VI, Inc.(「Gores」)およびMatterport, Inc.(「Matterport」)の企業結合案についての将来の見通しに関する特定の記述が記載されています。例えば、本企業結合案の利点、予測される本企業結合案のタイミング、Matterportの提供するサービス、Matterportが事業活動を行う市場、ビジネス戦略、債務水準、業界環境、潜在的な成長機会、規制の影響、およびGoresまたはMatterportが予測する将来の業績が挙げられます。これらの将来の見通しに関する記述は一般に、「信じる」「予測する」「期待する」「予想する」「試算する」「意図する」「戦略」「将来」「見通し」「機会」「計画」「可能性がある」「はずである」「~になる」「~になるだろう」「~だろう」「継続するだろう」「~という結果になるだろう」という用語、および同様の表現(そのような用語や表現の否定形を含む)で識別されます。

将来の見通しに関する記述は、現在の予想や仮定に基づく将来の出来事に関する予測、予想、その他の記述であり、その結果、リスクや不確実性を伴います。実際の将来の事象は、多数の要因により本ドキュメントの将来の見通しに関する記述と大きく異なる可能性があります。これら要因には以下を含みますが、これらに限定されません。(i)本企業結合案が適時に完了しない、またはまったく完了せず、Gores株式の価格に悪影響を及ぼすリスク。(ii)本企業結合案がGoresの企業結合期限までに完了しない、またはGoresが企業結合期限の延長を求めた場合に延長されないリスク。(iii)Goresの株主による本企業結合案の承認、Goresの一般株主による償還後の信託口座の最低額の充足、政府および規制当局による所定の承認の取得を含め、本企業結合案の完了条件が満たされないリスク。(iv)本企業結合案の発表または係属がMatterportの取引関係、業績または事業一般に及ぼす影響。(v)本企業結合案によりMatterportの現在の計画が中断されるリスクおよび本企業結合案の結果としてMatterportの従業員定着が困難となる可能性。(vi)合併または本企業結合案の合意または計画に関してGoresまたはMatterportに対して提起されうる法的手続の結果。(vii)Gores株式のNASDAQ上場を維持する能力。(viii)次のような要因によるGores株式の価格変動。Matterportが事業展開を予定する競争が激しく規制の厳しい業界の変化、競合他社の業績の変動、Matterportの事業に影響を及ぼす法律や規制の改正、結合後の資本構成の変更。(ix)本企業結合案の完了後に事業計画、見通しおよびその他の期待を実行ならびに追加機会を特定・実現する能力。前述の要因はすべてを網羅しているわけではありません。この記述を読む際は、前述の要因や、フォームS-4の登録届出書に含められるGoresの最終委任勧誘状/情報文書/目論見書に記載されている(同書の「リスク要因」下の記述を含む)その他のリスクと不確実性、およびGoresが米国証券取引委員会(「SEC」)に随時提出する文書に記載されているその他のリスクと不確実性について慎重に検討する必要があります。これらの文書では、実際の出来事と結果が将来の見通しに関する記述から大きく逸れる事態を引き起こす恐れがあるその他の重要なリスクと不確実性について特定、対処しています。将来の見通しは、あくまでもその時点の状態を記述したものです。将来の見通しに関する記述を過度に信頼しないように注意してください。また、GoresおよびMatterportは、新しい情報、将来の出来事などの結果、これらの将来の見通しに関する記述を更新または改訂する義務を負わず、法律で義務付けられる場合を除き、そうする意図もありません。GoresおよびMatterportのいずれもその期待の達成を一切保証しません。

その他の情報と掲載先

本企業結合案に関し、GoresはフォームS-4の登録届出書を提出しています。当該届出書にはGoresの委任勧誘状、Matterportの情報文書およびGoresの目論見書が含まれます。本委任勧誘状/情報文書/目論見書の効力はまだ発生していません。最終委任勧誘状/情報文書/目論見書は、SECにより効力発生が宣言された後に、本企業結合案およびその他の事項の承認のために開催されるGoresの株主総会(「特別総会」)における本企業結合案およびその他の事項への投票のために設定される基準日時点のGoresおよびMatterportの全株主に送付されます。Goresは本企業結合案に関して、その他の文書をSECに提出することもあります。最終委任勧誘状/情報文書/目論見書には、本企業結合案および特別総会での議決対象となるその他の事項に関する重要情報が含まれ、かかる事項に関する投資判断またはその他の決定の根拠を提示する目的はありません。本企業結合案に関してSECに提出された、または提出予定の登録届出書、委任勧誘状/情報文書/目論見書およびすべての関連文書には本企業結合案に関する重要情報が含まれます.GoresおよびMatterportの投資家および株主は、投票の意思決定を行う前にこれらの文書が入手可能となり次第お読みいただくようお願いします。

投資家および証券保有者は、GoresがSECに提出したまたは提出予定の委任勧誘状/情報文書および他のすべての関連文書の無料コピーを入手できます。これらの無料コピーは、SECが管理するウェブサイト( www.sec.gov)を通じて、またはGores Holdings VI, Inc.(住所: 6260 Lookout Road, Boulder, CO 80301、担当者: Jennifer Kwon Chou)に依頼書を送って入手してください。または、Goresの委任状勧誘代理人であるMorrow Sodali LLC(無料通話: (800)662-5200、銀行およびブローカーの方はコレクトコールで(203)658-9400の番号を利用可能)にお問い合わせください。 

委任状勧誘の参加者

GoresとMatterportおよび各社の取締役と役員は、本企業結合案に関連して、Goresの株主からの委任状勧誘の参加者と見なされる可能性があります。Goresの取締役、役員、およびGores証券の所有権に関する情報は、GoresがSECに提出した書類に記載されています。前掲の者および企業結合案の参加者と見なされる可能性のあるその他の者の利益に関する追加情報は、本企業結合案に関する最終委任勧誘状/情報文書/目論見書から入手できます。これらの文書のコピーは前項の記載どおり無料で入手可能です。

免責事項

本文書はGoresとMatterportの間の企業結合案に関連するものです。本文書は証券の売却もしくは交換の申し出、または売却もしくは交換の申し出の勧誘に該当せず、登録または資格付与の前におけるかかる申し出、売却、または交換が違法である法域の証券法に基づき、かかる法域において証券の売却は行われないものとします。

Categories

住宅用不動産
自宅所有者
プロモーション
米国
New & Noteworthy