メインコンテンツに移動

Matterportが企業向け世界規模のキャプチャーサービスを開始!詳細はこちら

売上高: (03) 4540-8486

Matterportが企業向け世界規模のキャプチャーサービスを開始!詳細はこちら

売上高: (03) 4540-8486

Digital twin marquee image

デジタルツインとは?

デジタルツインとは、現実世界に存在する場所またはオブジェクトのデジタルコピーのことです。人工知能および機械学習テクノロジーにより、デジタルツインの作成を可能としています。またこのデジタルツインは、実物に変更があった場合には、その変更をスピーディーに反映し、アップデートすることができる3Dデジタルモデルであり、寸法も正確に測定されています。

デジタルツインの価値

Matterportのデジタルツインは、現実世界に存在する場所を最も正確に捉えたバーチャル3Dモデルです。デジタルツインは、不動産、ホスピタリティー、建設、保険などの業界においては業務を簡素化し、顧客や代理店との関係性を強化します。

Detailed view of 712 Gallon Tank equipment specs

プロセスやアイデアをキャプチャおよびテストし、視覚的に完全に把握します

Matterportのデジタルツインは非常に正確であるため、建築、エンジニアリング、建設におけるビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の際に、当社の3Dモデルは特に便利な物となります。

デジタルツインには、設計プランからプロジェクトの完了まで、ステークホルダーがプロジェクト全体を通し連携することを可能とする建築設計、正確な測定、および特定プロジェクトのステータスに関する重要な情報を組み込むことが可能です。

Collaboration image - square - Why MP

インタラクションを記録し、チームと効率よく連携を取ります

保険や修繕・修理・修復業界では、従来の請求や契約に関する書面の保存だけでなく、実際の視覚データをスキャンし、保存することができるというデジタルツインの機能が大変役立っています。 

デジタルツインは、実際の空間の高精度なシミュレーションや可能なソリューションを可視化した物として利用することが可能です。

Marker in a model points to a bed, "Custom Motorized 10 Food With Bed"

見込み客を空間へ招待し、スピーディーなセールスを実現します

Matterportで作成した没入型のバーチャル体験は、購入や賃貸を考えている方に対し、実際にその場にいるかのような臨場感のあるツアーを提供します。

この簡単なステップにより、不動産販売、ホテル、美術館やイベント会場における顧客エンゲージメントプロセスを簡素化します。

Matterportではどのようにデジタルツインを作成していますか?

Cortex AI は、Matterportのデジタルツインソフトウェアの要です。ディープラーニングニュートラルネットワーク(自動深層学習ネットワーク)であるCortex AIが、自動で撮影データを結合するなどの手順を行い、3Dデジタルツインを作成します。

3D Reconstruction

Cortex AIの精度

Matterportのキャプチャアプリを使い、カメラまたはスマートフォンでスキャンをしアップロードすると、Cortexが撮影したデータを取り込み、正確で素晴らしい3Dモデルを生成します。スキャンした実際の空間を、そのままデジタルツインにしてお届けします。

Cortexとは、何万何億とある様々な空間データを常に学習し続けるディープラーニングニュートラルネットワーク(自動深層学習ネットワーク)です。これにより、Matterportの3Dスペースは、一貫して正確に建物の構造や環境などを忠実でハイクオリティーなデジタルツインを作ることが可能となります。

Automates processes

全自動による簡素化

Cortexは、必要に応じ顔をぼかしたり、スキャンされたスペースからベストな空間を自動で選択する、正確に測定する、スペースにある異なるオブジェクトを特定するなど、多くのステップを自動で行います。

スキャンが完了すると、後の処理はCortexが行いますので、3Dモデルが完成するのをゆっくりお待ちいただくだけです。

デジタルツインを今日から始める